用法(中略)正しくお使いください

思いつきから始まった一騎打ち。

一応は引き分けなのだろうが、完全に俺の負けだった。
エグザトースはその特性から魔法に対して圧倒的優位な存在である。
が、やはり道具は使い手次第なのだよね。

自分で自分を使うのは反則以前に無茶だった。

そんなことを思った今日このごろ。
[PR]
# by exathoth | 2007-11-01 01:38 | Diary

終わらない戦い

「これが……こうで、こっちが……」

遊戯盤の駒を弄りながら、思わずぶつぶつと呟いていた自分に気が付く。
月明かりを頼りに説明書を読み込み、いざ挑戦!といってかれこれ数分。
自分対自分の駆け引きは始まったばかり。
指揮や戦略が苦手な俺にこの贈り物とは余程嫌味かと思ったが、中々面白そうだ。
今度昼飯を賭けて家主とでも遊んでみようか。
ふふ、どうせボロ負けか。露店のパンくらいなら奢っても良いが、やはり負けるのは癪だね。

それにしても。

「はあ、羨ましい限りだ」

この贈り物の主は、きっと今頃何処か遠い空の下。
長年味わったことのないような晴れ晴れとした気持ちでこの月を見ていることだろう。

正直彼がどんな目的で何処にどうやっていくのかはわからぬ。
何も言わなかったし、何も聞かなかった。
ただ、「長い旅へ出る」というその表情を見ただけで十分。
きっと彼は見つけたのだろう。彼の進むべき道を。
去っていく彼の背中を見送りながら、清清しい寂しさに駆られたのを思い出した。

蘇った寂しさを紛らわすように盤上の戦いに集中する。
自分対自分の戦いはまだまだ終わる気配がない。
ずっと、もうずっと終わらない気もする。

自分の存在意義を果たしていれば、いずれ答えが出ると思ったが。
頭では導き出せる様々な答えを気持ちが全部否定する。
納得できる答えを導き出せぬまま、このまま時は流れ続けるのだろうか。

世界は終戦へと動き出している。だがきっとそれも束の間。
再び世界は終わることの無い戦いへとループしていくのだろう。
俺自身の戦いも永遠にループし続ける気がした。
終わらぬ戦いに飽き、戦いの止まった盤上を眺めながらそんなことを思う。
[PR]
# by exathoth | 2007-09-05 01:49 | Diary

死亡

フラグかといわれた。
いや、違うから!(笑
[PR]
# by exathoth | 2007-08-01 00:43 | Diary

生贄にされた少年
甘過ぎる男
紅蓮の闇天使
鬼面の男
ミュータントの少女
骨兜の狩人
精霊となった蟲
造られし少女

封印を解かれてから、思えば多くの者の剣として、世界を、主を巡ってきた。
全て一時的なものに過ぎなかったが。
それでも、かけがいの無い――契約。

ありがとう。
俺の我侭に付き合ってくれて。
俺を剣として存在させてくれて。
[PR]
# by exathoth | 2007-07-30 00:29 | Diary

さようなら

大好きだった友よ。

奢りの件、結構楽しみにしていたのだけれどね……
[PR]
# by exathoth | 2007-07-22 02:57 | Diary

誕生日

去る6月6日。
本人もすっかり忘れていたのだが……
俺、サイス・エグザトースの誕生日だった。

素敵な贈り物で思い出したのだけれどね。
思い出させてくれた彼には感謝している。

誕生日。生まれたことを祝う日。
誰かには語った気もするが。

俺の場合、誕生日と言っても実は……
[PR]
# by exathoth | 2007-06-24 22:56 | Diary

悪巧み

 


[PR]
# by exathoth | 2007-06-03 22:46 | Diary

近況

久々に記そう。

今俺は天翼に居る。

再起動してからは延々と放浪の旅。
その中で一番長く居たのが天翼だった。
その天翼を離れもう1年以上になる。

予想はしていたが、見知った顔はほとんど居らず。
だが、見知った城や交流所は未だそのままで。

なんだろうね。
このノスタルジックな気分は。
こんな気分……まるで俺、人間みたいではないか。
[PR]
# by exathoth | 2007-06-03 22:37 | Diary

アンプリファ(戦闘時)

d0015761_22353798.jpg
[PR]
# by exathoth | 2007-03-25 22:35 | Gallery

「人」  (アンプリファ殿より)

「うーん」と唸る、女が一人。
彼女の視線の先には一人の娘。娘は古代の剣を握り――握っているだけである、決して持ち上がっていない――力を込めていた。
「マスター、何をしているんだ?」
訝しげに問う女に、主は答える。
「修行」
修行だよ、と繰り返す。
――これは、修行になるのか?
ぴくりとも動かず、ただ引きずられている剣。
いや、それよりも、女が気に掛かることは。
「何故、そんなものを使っている」
俺を使えばいいのに。そう言って、視線は『そんなもの』を睨むように眺める。
娘は剣から指をほどき、そんな彼女に振り向き、微笑んだ。
「そうだね、エグザトースで練習するのが、一番だね」
でもね、と娘は続ける。
「でもね、エグザトースが、いつも傍に居るわけにもいかないし。
 貴女が居ないときにも、もしかしたら戦わなければいけないかもしれない。
 この剣は練習用に貰ったの、貴女の役に、少しでも立てるように」

――そうか
女は、逡巡する。


そして、彼女の出した答えは。
「マスター、無理をしてはいけない」
そう言って、娘の手を取る。
娘は赤い血を持たないから、手は白いまま。だが、皮膚は破れて体液が滲んでいる。
「ほら、こんなにも傷をつけてしまった。
 修行もいいが、傷を持つのとはまた違うのだよ」
慣れた手つきで包帯を巻く女。
それを見つめる娘が、照れくさそうに笑った。
「ありがとう、エグザトース」
「どういたしまして」


「ねえ、エグザトース?」
「何かなマスター」
「エグザトース、この剣、嫌い?」
「…俺は主の剣だから、できれば自分自身を使って欲しいと思うのは、自然だ」
「焼きもち?」
「違う。…マスターの役に立ちたいだけだ」
「うん…ありがとう、貴女に、頼れる限り、頼るよ」
「ああ、分かった…」



マスター、俺は君を守るためにここに居る。
君の意思を果たすために、剣となり、壁となる。
それが俺の存在意義だから。


『寄りかかるように 生まれた「人」という字
 いみじくも 僕らは人の字のようにしか生きられない
 だから君の手をとり お互い寄りかかっていこうじゃないか
 僕らは「人」の字に生まれた 人間なのだから』
――名もなき詩、青年のギターから生まれたメロディ――
[PR]
# by exathoth | 2007-03-20 01:11 | Novel